ページトップへ プライバシーポリシー サイトマップへ English page Korean page 中文
選別加工総合センター 082-420-8303 メールでもお気軽にどうぞ
メインメニュー
トップページに戻る
選別・加工とは?
サンプルテスト
サンプルテスト申込
実例紹介
選別・加工センター概要
お問い合わせ
会社概要
実例紹介
樹脂ペレットの選別加工
食品の異物・不良品選別
SATAKE ON-Line shop
サタケ/分析・試験サービス
選別・加工とは?
選別・加工とは、原料を良品と異物・不良品とに”わける”選別技術と、原料の表面に付着した汚れなどを取り除き”きれいにする”加工技術のことです。サタケが米麦分野で培った選別・加工の技術は、樹脂ペレット・菓子・ペットフード・雑穀など、工業用・食品を問わず、あらゆる原料に応用することができます。

光で分ける

光(色彩)選別の原理
光選別機とは、高感度・高解像度のカメラで、原料中の異物や不良品を識別し、圧縮空気を噴射して除去する選別機です。当社の光選別機は原料の供給方法とセンサーの違いで、1.シュート式光選別機と2.ベルト式光選別機に大別されます。

1.シュート式光選別機(マジックソーター)

角度をつけたシュートに原料を流し、高感度CCDカメラとデジタル画像処理により、良品とは色が異なる異物・不良品を識別し、圧縮空気で選別除去します。NIR(近赤外線)カメラを搭載した機種では、有機物と無機物の選別もできます。

選別部の構造

RMGS561AMS
マジックソーター
RMGS561AMS


2.ベルト式光選別機(フルカラーベルトソーター)

ベルトコンベアにより原料を静止させた状態で選別部へ搬送し、フルカラーカメラにより光の三原色である赤・緑・青の情報を取り込んで異物・不良品を識別し、圧縮空気で選別除去します。シュート式では流せない、衝撃に弱い原料や形状が不安定なため流れが安定しにくい原料も、選別することができます

選別部の構造

CS-300BI-C
フルカラーベルトソーター
CS-300BI-C

形や重さで分ける

形状選別・比重選別
当社が蓄積してきた、選別対象物の形状や比重差による選別技術を応用して、原料中に含まれる異物および不良品を選別除去します。

1.揺動式選別機(異形プラスチックペレット選別機)

異形プラスチックペレット選別機は、特殊な形状のインデント板を揺動させて、原料中に混入している連粒やヒゲ品など、比重や形状が異なる不良品を選別除去します。

対象樹脂(JIS略語):PE、PP、PS、ABS、PVC、PET
選別イメージ図

PS300
異型プラスチックペレット
選別機
PS300

 


2.風力選別機(レッグアスピレーター)

風力選別機は、振動フィーダーにより原料を風選部に投入し、風力により軽い異物や粉塵は上部機外に吸上げ、比重の重い製品を下部に排出することで、選別を行います。

構造図

SLA750A
レッグアスピレーター
SLA750A

あらう・みがく

表面加工機の原理
表面加工機とは、当社の精米技術を応用して、家電リサイクル樹脂、廃バンパーOA機器破砕品の表面に付着する汚れ、シール、塗料を研削除去する加工機です。
表面加工機の導入により、リサイクル材の使用が可能となり、バージン原料の削減が図れます。表面加工機は、1.乾式と2.湿式に大別され、用途に応じてお使い頂けます。

1.乾式表面加工機(プラスチックペレット研磨機)

プラスチックペレット等の原料を相互に摩擦させ、表面に付着した微粉塵、塗膜、接着剤等の汚れを除去することができます。接粒部は全てステンレス製です
ので、鉄粉がペレット表面に付着するのを防ぎます。

対象樹脂(JIS略語):PE、PP、PS、ABS、PVC
構造図

PBA15B
プラスチックペレット
研磨機
PBA15B


2.湿式表面加工機(SJR010A)

湿式表面加工機は、原料の表面に付着した微粉や汚れを、水を使用して洗浄除去することができます。

対象樹脂(JIS略語):PE、PP、PS、ABS、PVC、PET
構造図

SJR010A
湿式表面加工機
SJR010A

株式会社サタケ